みんなが 子どもに もどる村

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

8月22日
「森へおいでよ!たまねぎ村@浅草ぱんだカフェ」
開催しましたー♪

たくさんのご来場、ありがとうございました!

さっそく、当日の様子をレポートしてみたいと思います。
ぱんだカフェの内装をすっかり隠すのが、今回の装飾。

170827_1

まずは、たまお・たまこで、たまねぎ村テーマソング。
いよいよ始まりです!

170827_2

ふたりが、遊んでいると、そこにやってきたのは、、、、、

170827_3

怪しい~3人。いや、1人と2匹。

オオカミのガブ丸、サルのウキ助、森の神様
が都会観光にやって来ます。

神様たちは、森はすごく素敵なところだけど、
刺激がないから、都会に憧れてやってきた、と。
まずは、たまおたまこは、浅草を案内します。

人力車、浅草寺、花やしき。
こちら、浅草寺のけむりをあたまにかぶる神様たち。

170827_4

こちらは、花やしきの観覧車にのる神様たち。

170827_5

のどが渇いた神様たちは、自動販売機でジュース買います。
さりげなーく、大ちゃんマジック。
みなさん、気づきましたか?

170827_6

ぱんだカフェにきたみんなも、神様たちに都会ってどんなところか教えます。
神様たちは都会にワクワクするも、排気ガスやら、満員電車やらを体験し、
「もう都会体験はいっか。森に帰る!」
と言いだします。

でもたまおたちは、「みんなで、一緒に森に行きたい!」
とお願いすると、神様は条件をだしました。

「みんなが動物に変身したらつれて行ける」と。

ここで出番となるのは、ガブ丸。
みんなが動物になるための
「へんしんたいそう」
を教えてくれました。

170827_7

おかげでみんなで動物に変身!!
それぞれ思い思いの動物になって、森へ抜けるゲートくぐります。
そして森に到着!

ところが、、、森はシーンとしていて、きのこちゃんが泣いています。

170827_8

神様が突然いなくなったから、
森の動物たちがみんな、どこかに行っちゃったんだって。

神様が呪文で元に戻そうとしても、戻らない。
神様は、とうとういじけてしまいます。

そこで、神様がいた頃の森のようすを、みんなで再現。
インプロの要素をどんどん入れて、
お客さんにもたくさん参加してもらいました。

170827_9

木になったり、花になったり、オブジェになったり、
動物になったり、虫になったり、木こりになったり、
みんなで素敵な森になりました!

それを見た神様は、力が蘇り、魔法が使えるように!
もういちど魔法をかけると、白い布がとれて、、、

170827_10

動物たちが戻ってきました!!!

ぱんだカフェは、壁にたくさんの動物たちが描かれています。
ぱんだカフェの内装が生きる演出です。

森が元の姿に戻って、ガブ丸、ウキ助は、喜びの舞。

本気のキレキレダンス!

170827_11

子供たちも、大人たちも、
みんなで一緒にダンス!

170827_12

歌はおなじみ、日向ぼっこ作
「森にいこうよ」

これは、みんなと事前練習してあったので、バッチリです!

嬉しくなった神様は、本気の
「神マジック!!」

170827_13

170827_14

森にちなんだマジックを披露!
一見胡散臭い?(笑)神様でしたが、
マジックはすごい!
みんな目を丸くしていました。

最後にもう一度「森にいこうよ!」を踊って、おしまい。

来てくれたみんなと、記念撮影。
みんなー!ありがとう😊

170827_15

このあと、希望者には、
森の神様役の日向大祐による、マジック教室。

3つ教えてくれました。大ちゃん、ありがとうー♪

この作品も、忘れられない一作になりました。
たまねぎ村の作品は、来てくれたみなさんがいないと
成り立たないもの。どれも宝物みたいなものです。

来てくれた皆様、本当にありがとうございました!


最後に、歌と踊り紹介。

「へんしんたいそう」
作詞作曲 日向ぼっこ 振り付け 滝口巧
https://youtu.be/E0QQwkDLl20

「森にいこうよ」
作詞作曲 日向ぼっこ 振り付け 出口跳惟
https://youtu.be/054lP5LonHw

「たまねぎ村紹介ビデオ」
作曲作曲 日向ぼっこ
https://youtu.be/darW9oTFZ1Q


たまねぎ村は、この後秋に、保育園に2つ呼ばれています。
みんなと会えるのは冬かなー。

ぜひ、チェックしてくださいね!!


スポンサーサイト
先日の7月29日
「たまたまきました!たまねぎ村」@千石たまご荘
無事に終了しました!


千石たまご荘は、文京区千石を子育てしやすい街に!と、
何組かのご夫婦たちが集まり作った子育て施設。

インプロ仲間のあゆちゃんは、その中心スタッフで、
お正月のたまねぎ村寄席公演を見て、
「たまねぎ村をたまご荘に呼びたい!」
と、公演を企画してくれました。

ということで、少しずつ演目を変えながら
寄席形式でお届けいたしました!
まずは、たまおとたまこの登場です!

170803_1

ぼっこちゃんのパッピーノ(パペット+ピアノ)
今回は、しょ、しょ、しょじょ寺♪の狸囃子の歌をネタおろしでした。

170803_2

170803_3

まみやんのダンボールシアター.
演目は「バルバルさん」

170803_4

170803_12

たまねぎ亭紅瑞(こうすい)のこども講談
演目は、古事記より天の岩戸伝説のものがたり。

170803_5

170803_6

そして、スペシャルゲスト
日向大祐さん(大ちゃん)のマジックショー

170803_9

かなえもんとその仲間たちのインプロ
ここでは、役者でもある大ちゃんも参加してもらいました。

170803_7

170803_8

0歳からおばーちゃんまで、楽しめる!
手前味噌ですが、そんなショーだったのではないか、と。
実際に、1歳未満のお子さまから、80歳の方までお越しいただきました。

170803_13

ショーの中では、プラスのみらいマンも登場!
プラスのみらいマンは、たまご荘の1階「プラスのみらいlabo」のお兄さん。
姿勢をよくしてくれたり、身体の調整をいろいろとしてくれる方なんです。
「姿勢がよくなれば、いろんな悩みも解決!」
とのこと。気になる方はぜひ気軽に行ってみてくださいね。

そしてなんとこの方、8月20日のパンクラス新人戦決勝にも出るんですと!
すごいー♪

最後は、たまご荘メンバーとたまねぎ村メンバーで!

170803_11

あっと言う間の1日でしたー。
おかげさまで、3回公演全て満席でしたー。

ご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました!!!



たまねぎ村、次回は

浅草ぱんだカフェにて8月22日(火)
「森へおいでよ!たまねぎ村」


また、マジシャン大ちゃんも来てくれます!

次回は歌や踊りもある予定ですー♪

大ちゃんが皆さんでもできるマジックを教えてくれる
「ワンコインマジック教室」もあります。


お楽しみにー♪

8/22の詳細はこちら!


ご予約はこちら!
ご予約はこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com



「ソレいけ!たまねぎ村ミニ」
無事におわりましたー!

助っ人なしの3人でやるのは、初めて。
ドキドキしながら、初日と楽日迎えました。
(てか、1日だけなんだけど)

なんと、手にたまおとたまこのイラスト
描いてきてくれた、たまねぎ村村民が!!
うれしー❤️

170522_1

今回は、草加で初めての寄席形式ー♪
メンバーそれぞれが、得意の演目を披露しました。

まずは、ぼっこちゃんのパッピーノ!
パペット+ピアノの大道芸です。

170522_3

170522_4

全部で3曲やりました。
つぎつぎといろんな動物たちが出てきては、
ピアノに合わせて動き出す!

一人でこの仕組みを考えたんですって!

小さな村民たち、大喜びー♪
たくさんの動物が歌います!
ぼっこちゃんは、ピアニストであると同時に発明家です!

お次は
まみやんのダンボールシアター!
演目は「コットちゃん」

170522_5

170522_6

可愛い絵本のキャラクターが
動いたり、いろいろと変化したり。


ちなみに、このダンボールの装置は、まみやんの手作りなんです。
絵本の世界観は壊さないように、しっかりとマネしながら、
ダンボールアートみたいな装置です!
まみやんは、声優さんであると同時に、ダンボールアーティスト!
このダンボールの背景、すごい可愛いんですよー❤️

そして、みずちゃんは、
たまねぎ亭紅瑞として、講談
を語りました!
演目は古事記から「天の岩戸伝説」

170522_7

170522_8

スサノオノミコトが、神殿でう〇こもらしたり
馬の皮をはいじゃったりするんですけど、、、

これ、笑い取るためにみずちゃんが書いたんじゃないんですよー。
古事記にちゃんとそう書かれてるんです
古事記、まるで子どもに受けたくて書かれたんじゃないか、、、
と勘違いしてしまいそうなほど。
そんなスサノオの言動に腹を立てた天照大神様が岩戸に隠れてしまわれる話です。

0、1、2歳には、少しむずかしそうなところもありましたが、
おはなしがわからなくても、
日本伝統の話芸のリズムだったり、雰囲気を
少しでも体で感じてもらえたら
という思いで語りました。


大きな村民のみんなも、真剣に聞いてくれてありがとうー♪
みずちゃんは声優、インプロバイザー、と同時に、芸人枠めざしてますー。


3人が得意技の後は、ぼっこちゃんの真剣なピアノ演奏。大人もうっとり。
そして、最後は、3人で
歌ったりインプロしたり。

いよいよ、たまおとたまこ登場です!

170522_9

たまこ、駅前のせんべい焼いてる銅像に話しかけてたんだってー!(笑)

たまおとたまこが出てきたら、みんながふわっと嬉しそうで、
キャラクターが少しづつ愛されてるんだなーって、
うれしくなりました。

会場のソレという名前は、太陽っていうイタリア語、ソレイユからきているとのことで、
「手のひらを太陽に 」を歌ったり
オケラやミミズになったり

170522_10

170522_11

170522_12

みんなでいろんな動物になってみよう!
というコーナーでは、
その動物の歌うたいながら、その動物になって、
動いてみたり、餌を食べたり、、、
当てっこゲームもしました。

インプロに正解はありません。
みんな思い思いに好きな動物になって、好きなエサ食べて。

たまねぎ村の楽しさって、
こういうところにあるんじゃないかなーと思っています。


いろんな動物さんになってくれて、大人も一緒に参加してくれて楽しかったー!


次は草加で
親子インプロワークショップやりますよー♪
6月18日 10時半から12時半まで。
詳細記事はこちら
http://tamanegimurayakuba.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

グランドピアノの演奏付きのインプロ❤️
贅沢~。

インプロとは?
劇遊びみたいなものですー。
ゲームして遊びながら、遊び心を耕していきます。
遊び心が身につくと、生き方が楽になりますよー♪

ぜひお待ちしていますー!

お申し込みはこちら!
お申し込みはこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com
5月6日は、本所吾妻橋ハウジングギャラリーに、
たまねぎ村呼んでもらいました!


まずは、11時半から
たまねぎ亭紅瑞こと大塚みずえの講談。
ちょっとした講談教室と、天の岩戸の話。

すぐ隣が道路という
住宅展示場ならではの場所でのパフォーマンス。

これ、ちゃんと聞いてもらえるかなあ?と、不安でしたが、
仲間がふらっときてくれたり、展示場に遊びに来ていた小学生男子たちも
見てくれたりして心強かったー。

170509_1

初めての試み、講談をみんなで話してみよう!
も、最初は固かったのですが、やってるうちに少しづつほぐれて来ました。
天の岩戸のおはなしでは
「待ってました!」のかけ声もいただきました♪
嬉しかったあ。

小学生男子たちは、帰りの車の中ではノリノリで語っていたそうで。
ありがたや。

そして、お昼休憩をはさんで
13時からはたまおくんとぼっこちゃんの
たまねぎ村ミニショー。

170509_2

170509_3

ぐーちょきお野菜の歌や、お弁当の歌、
野菜になる劇遊びなど、やりました!
こちらの回も親子でふらっと遊びに来てくれて、本当にうれしかったー。
ありがとうー♪

さて、ぼっこちゃん、
なんとアコーディオンを購入♪
たまねぎ村でもどんどん披露してくれることでしょう。
アコーディオンの音色って素敵ですね。

てな訳で、まずは、本所吾妻橋ハウジングギャラリー、
無事に終わり、ホッとしていますー♪

たまねぎ村はこのあとは
5月21日の草加公演が待っています。

親子ワークショップもどしどし参加お待ちしてますよー!

さらに夏にもドドンと企画しております。
こちらの情報はまた後日お知らせいたします。

おたのしみに!



先週の土曜は、親子インプロワークショップでしたー♪

今回は前回より少人数だったので、
よりじっくりと、いろんなこと出来ました♪

私(大塚)は、広げるのも好きだけど、深めるのも好き♪
今回は、一人一人と丁寧にお話できて楽しかったです。

今回は何故か「元気男子と心配性の母」という組み合わせが何組か。
お母さん同士「わかるーっ!!」ってなってました。

終わったあとの感想では、

「ついつい先回りして心配してしまう自分に気づけました」とか、

「もう思いつかない!と投げ出さず、あと少し、、、とチャレンジすると、
いろんな引き出しが生まれると分かりました」


など、嬉しい言葉を!

「自分の子どものいつも見ない姿が見えて、
すごく柔軟に自分の考えをちゃんと出せていて安心しました。」


なぁんて意見も。
インプロワークショップでは、親も子も、それぞれが
家では見せない姿が見えて、いろんな発見があったり気づきがあったり
とても楽しいのです。

ワークショップでは、出題チームがお題考えたり、、、

170327_1

昔話の1シーンを演じてみたり、、、

170327_2

君がそこやるなら、、私はそこやるよ!
と、お互い感じあいながら、やれるように!

インプロは、感覚トレーニング!感覚の筋トレです。
一回で「できる。できない」で判断せず、定期的にやってもらうことで、
柔軟感覚がトレーニングできます!


それが親子の関係づくりにとても役立ってくると思うのです。

次回は

4月23日(日)
10時30分~
(12時30分終了予定)

対象:4歳~中学生の親と子
(大人のみ、子どものみの参加も可)
※3歳以下のお子様もお連れして構いませんが
 ワークショップは4歳以上を対象としたプログラムに
 なっています。(3歳以下は無料)

参加費:子ども 500円/大人1500円
(子どものみで参加の場合 1000円)

【会場】新宿・永谷スタジオ
新宿区歌舞伎町2-45-5 新宿永谷ビル1F
会場TEL:03-3232-1251

受付開始しています。
みなさまのご参加おまちしています♪


お申し込みはこちら!
お申し込みはこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com


170423たまねぎ村WSチラシ