みんなが 子どもに もどる村

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

「ソレいけ!たまねぎ村ミニ」
無事におわりましたー!

助っ人なしの3人でやるのは、初めて。
ドキドキしながら、初日と楽日迎えました。
(てか、1日だけなんだけど)

なんと、手にたまおとたまこのイラスト
描いてきてくれた、たまねぎ村村民が!!
うれしー❤️

170522_1

今回は、草加で初めての寄席形式ー♪
メンバーそれぞれが、得意の演目を披露しました。

まずは、ぼっこちゃんのパッピーノ!
パペット+ピアノの大道芸です。

170522_3

170522_4

全部で3曲やりました。
つぎつぎといろんな動物たちが出てきては、
ピアノに合わせて動き出す!

一人でこの仕組みを考えたんですって!

小さな村民たち、大喜びー♪
たくさんの動物が歌います!
ぼっこちゃんは、ピアニストであると同時に発明家です!

お次は
まみやんのダンボールシアター!
演目は「コットちゃん」

170522_5

170522_6

可愛い絵本のキャラクターが
動いたり、いろいろと変化したり。


ちなみに、このダンボールの装置は、まみやんの手作りなんです。
絵本の世界観は壊さないように、しっかりとマネしながら、
ダンボールアートみたいな装置です!
まみやんは、声優さんであると同時に、ダンボールアーティスト!
このダンボールの背景、すごい可愛いんですよー❤️

そして、みずちゃんは、
たまねぎ亭紅瑞として、講談
を語りました!
演目は古事記から「天の岩戸伝説」

170522_7

170522_8

スサノオノミコトが、神殿でう〇こもらしたり
馬の皮をはいじゃったりするんですけど、、、

これ、笑い取るためにみずちゃんが書いたんじゃないんですよー。
古事記にちゃんとそう書かれてるんです
古事記、まるで子どもに受けたくて書かれたんじゃないか、、、
と勘違いしてしまいそうなほど。
そんなスサノオの言動に腹を立てた天照大神様が岩戸に隠れてしまわれる話です。

0、1、2歳には、少しむずかしそうなところもありましたが、
おはなしがわからなくても、
日本伝統の話芸のリズムだったり、雰囲気を
少しでも体で感じてもらえたら
という思いで語りました。


大きな村民のみんなも、真剣に聞いてくれてありがとうー♪
みずちゃんは声優、インプロバイザー、と同時に、芸人枠めざしてますー。


3人が得意技の後は、ぼっこちゃんの真剣なピアノ演奏。大人もうっとり。
そして、最後は、3人で
歌ったりインプロしたり。

いよいよ、たまおとたまこ登場です!

170522_9

たまこ、駅前のせんべい焼いてる銅像に話しかけてたんだってー!(笑)

たまおとたまこが出てきたら、みんながふわっと嬉しそうで、
キャラクターが少しづつ愛されてるんだなーって、
うれしくなりました。

会場のソレという名前は、太陽っていうイタリア語、ソレイユからきているとのことで、
「手のひらを太陽に 」を歌ったり
オケラやミミズになったり

170522_10

170522_11

170522_12

みんなでいろんな動物になってみよう!
というコーナーでは、
その動物の歌うたいながら、その動物になって、
動いてみたり、餌を食べたり、、、
当てっこゲームもしました。

インプロに正解はありません。
みんな思い思いに好きな動物になって、好きなエサ食べて。

たまねぎ村の楽しさって、
こういうところにあるんじゃないかなーと思っています。


いろんな動物さんになってくれて、大人も一緒に参加してくれて楽しかったー!


次は草加で
親子インプロワークショップやりますよー♪
6月18日 10時半から12時半まで。
詳細記事はこちら
http://tamanegimurayakuba.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

グランドピアノの演奏付きのインプロ❤️
贅沢~。

インプロとは?
劇遊びみたいなものですー。
ゲームして遊びながら、遊び心を耕していきます。
遊び心が身につくと、生き方が楽になりますよー♪

ぜひお待ちしていますー!

お申し込みはこちら!
お申し込みはこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com
スポンサーサイト
5月6日は、本所吾妻橋ハウジングギャラリーに、
たまねぎ村呼んでもらいました!


まずは、11時半から
たまねぎ亭紅瑞こと大塚みずえの講談。
ちょっとした講談教室と、天の岩戸の話。

すぐ隣が道路という
住宅展示場ならではの場所でのパフォーマンス。

これ、ちゃんと聞いてもらえるかなあ?と、不安でしたが、
仲間がふらっときてくれたり、展示場に遊びに来ていた小学生男子たちも
見てくれたりして心強かったー。

170509_1

初めての試み、講談をみんなで話してみよう!
も、最初は固かったのですが、やってるうちに少しづつほぐれて来ました。
天の岩戸のおはなしでは
「待ってました!」のかけ声もいただきました♪
嬉しかったあ。

小学生男子たちは、帰りの車の中ではノリノリで語っていたそうで。
ありがたや。

そして、お昼休憩をはさんで
13時からはたまおくんとぼっこちゃんの
たまねぎ村ミニショー。

170509_2

170509_3

ぐーちょきお野菜の歌や、お弁当の歌、
野菜になる劇遊びなど、やりました!
こちらの回も親子でふらっと遊びに来てくれて、本当にうれしかったー。
ありがとうー♪

さて、ぼっこちゃん、
なんとアコーディオンを購入♪
たまねぎ村でもどんどん披露してくれることでしょう。
アコーディオンの音色って素敵ですね。

てな訳で、まずは、本所吾妻橋ハウジングギャラリー、
無事に終わり、ホッとしていますー♪

たまねぎ村はこのあとは
5月21日の草加公演が待っています。

親子ワークショップもどしどし参加お待ちしてますよー!

さらに夏にもドドンと企画しております。
こちらの情報はまた後日お知らせいたします。

おたのしみに!



先週の土曜は、親子インプロワークショップでしたー♪

今回は前回より少人数だったので、
よりじっくりと、いろんなこと出来ました♪

私(大塚)は、広げるのも好きだけど、深めるのも好き♪
今回は、一人一人と丁寧にお話できて楽しかったです。

今回は何故か「元気男子と心配性の母」という組み合わせが何組か。
お母さん同士「わかるーっ!!」ってなってました。

終わったあとの感想では、

「ついつい先回りして心配してしまう自分に気づけました」とか、

「もう思いつかない!と投げ出さず、あと少し、、、とチャレンジすると、
いろんな引き出しが生まれると分かりました」


など、嬉しい言葉を!

「自分の子どものいつも見ない姿が見えて、
すごく柔軟に自分の考えをちゃんと出せていて安心しました。」


なぁんて意見も。
インプロワークショップでは、親も子も、それぞれが
家では見せない姿が見えて、いろんな発見があったり気づきがあったり
とても楽しいのです。

ワークショップでは、出題チームがお題考えたり、、、

170327_1

昔話の1シーンを演じてみたり、、、

170327_2

君がそこやるなら、、私はそこやるよ!
と、お互い感じあいながら、やれるように!

インプロは、感覚トレーニング!感覚の筋トレです。
一回で「できる。できない」で判断せず、定期的にやってもらうことで、
柔軟感覚がトレーニングできます!


それが親子の関係づくりにとても役立ってくると思うのです。

次回は

4月23日(日)
10時30分~
(12時30分終了予定)

対象:4歳~中学生の親と子
(大人のみ、子どものみの参加も可)
※3歳以下のお子様もお連れして構いませんが
 ワークショップは4歳以上を対象としたプログラムに
 なっています。(3歳以下は無料)

参加費:子ども 500円/大人1500円
(子どものみで参加の場合 1000円)

【会場】新宿・永谷スタジオ
新宿区歌舞伎町2-45-5 新宿永谷ビル1F
会場TEL:03-3232-1251

受付開始しています。
みなさまのご参加おまちしています♪


お申し込みはこちら!
お申し込みはこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com


170423たまねぎ村WSチラシ

こんにちは!
たまねぎ村の大塚みずえです。

先日は
たまねぎ村の親子でインプロワークショップ
でした!


もともと私がCocolo Colaboという名前でやっていたお母さん向けインプロ、親子インプロを
たまねぎ村として引き継ぐ形で始まった親子インプロワークショップ。

これまでと違うところは最後の30分です。

最後の30分は
子どもは子どもだけの時間を
大人は、シェアリングしたり深めたりする時間を設けることにしました。

子どもは、本来はインプロ魂を持って生まれてきている
と思っています。
元の魂は、自由なんです。

大人が、良かれと思って、
自分の生きてきた生き方を当てはめすぎてしまった結果、
子どもが自分で自分の車の運転の仕方が分からなくなり、
生きにくくしてしまっているのではないか、と。

なので、まずは大人の方々に、
自分の中の小さな自分と仲良くなる
というところを大事にお伝えしました。

サッカーの本田選手が「リトル本田」みたいな言い方をしますが、
まさに、アレです。
私の中にも「リトルみずちゃん」がいます。

みんなの中にも「リトル〇〇」は、一人一人いるんです。
その小さな自分と仲良くなり、自分は、何がやりたいのか、何がやりたくないのか、を知る。

やらねばならないことは、なるべく減らしたり、
やらねばならないことをやりたいことになるように意味を変換させる。

そうしたら、ストレスは一気に減ります。

大人自身が満たされると、
子どもをコントロールしよう、という気持ちが少し減って、余裕が出てくると思うのです。
大人が狭い道筋を押し付けなくても、広く見守る気持ちが出てくるのかなあ、と。

たまねぎ村は、「やりたい・やりたくない」で動いてよい村なので、
子どもたちは、どんどんエネルギーアップ⤴️
楽しそうでした。

子どもワークショップリーダーのTOYくんは、とにかく子どもに大人気で、
子どもたちに抱きつかれまくったり、TOYくんが中心となってお話つくって、
きゃーきゃーとすごいことになってました。

その間、私は、きゃーきゃー言う子どもたちの歓声の中、
なんとか大人にお伝えしたい話や深めるワークやらやりました。

大人の感想。

⭐︎予想外の事が楽しめるようになれそうです。
⭐︎小さな自分の声を聞こうと思いました。
⭐︎心の扉を開くことの大事さがわかりました。


などなど。

まずは、私たちがきちんと満たされていることは大事だなあ、と。

今回は第一回たまねぎ村親子インプロワークショップでしたが、
目指す方向は何となく見えた感じがしました。

インプロは、一回やっただけでは、
「出来た・出来なかった」
という感想で終わってしまいます。

筋トレと一緒で、定期的にやることで、
イエスアンド的な生き方が、腑に落ちる
んです。

今回来てくださった方も、来れなかった方も、
是非第2回来てもらえたら、、、って思います。


次回は

3月25日(土)
10時30分~
(12時30分終了予定)

対象:4歳~中学生の親と子
(大人のみ、子どものみの参加も可)
※3歳以下のお子様もお連れして構いませんが
 ワークショップは4歳以上を対象としたプログラムに
 なっています。(3歳以下は無料)

参加費:子ども 500円/大人1500円
(子どものみで参加の場合 1000円)

【会場】新宿・永谷スタジオ
新宿区歌舞伎町2-45-5 新宿永谷ビル1F
会場TEL:03-3232-1251

受付開始しています。
みなさまのご参加おまちしています♪


お申し込みはこちら!
お申し込みはこちら

下記お問い合わせメールからでもお申込みできます。

【お問い合わせ】
tamanegimura2015@gmail.com

「あけましてたまねぎ村2017」@新宿
1月7日に無事に終わりました!


ご来場ありがとうございました!

今回は親子で来ていただいた方はもちろん、
大人の方だけで見に来てくれた人もたくさんいました。
子どもはもちろん、大人も楽しめるたまねぎ村
ですから、大人だけで来ていただくのも、とてもうれしかったです。

さてさて、今回の新年会、ちょっとご報告。
まずは、いつものようにたまねぎ村テーマソングから。
https://www.youtube.com/watch?v=darW9oTFZ1Q
作詞・作曲:日向ぼっこ。

ぼっこちゃんの歌は何故か耳に残ります。
この歌を歌いながら来てくれて、歌いながら帰っていったお友達も!

170107_1

そして、開口一番は、
「ぼっこちゃんのパッピーノ」

『パペット』と『ピアノを』
ウンッッッして、パッピーノなんですって!

これは、犬のおまわりさんの歌。
猫が首振ったり、犬が吠えたり。可愛かった!

170107_2

ピアノを弾きながらパペットを操作。
そのカラクリも、すべてぼっこちゃんの手作り!

ちょっとワルネコたちによるJazzyな曲の演奏も。

170107_3

次は
「まみやんのダンボールシアター」

今回は、
「まめまきバス」という新作。

170107_4

かなり大掛かりなダンボール絵本になってました。
こちらもまみやんの手作り!
なんと、途中3Dみたいに立体になったりしましたよ!
バスくんに豆を食べさせてあげたり、こちょこちょくすぐったり、
見ているみんなも参加できる、楽しい演目でした。

170107_5

まみやんのネズミの声は絶品!
可愛すぎて、ネズミ出てくるとみんな笑顔に!

つづいては、
「みずちゃんのこうだん」

演目は、
「スサノオのヤマタノオロチ退治」

170107_6

古事記シリーズの第二弾でした。
(第一弾は、天の岩戸のお話)

スサノオノミコトがどうやってヤマタノオロチを退治したのか。
をちょいとギャクなども入れながら語りました。
古事記や講談にちょっとでも興味持ってくれる人がいたらいいなー。
子どもたちが日本の伝統話芸にふれあういい機会にもなったんじゃないでしょうか。

170107_7

こちらの写真は、ヤマタノオロチの姿を語る場面。

さてさてお次は
かなえもん、たっきー、TOYくん、みずちゃん、大ちゃんによる
「インプロシアター」

今回はお客様にチーム分けを決めてもらって
2人対2人の対決形式
(大ちゃんは、スペシャルゲストとして参加)

170107_8

走るかなえもん!

170107_9

滑るみずちゃん!

170107_10

5時の時刻を指す大ちゃん!

170107_11

タッキー&TOYくんの
即興デュエット曲もすてきでした!

170107_17

170107_18

何が飛び出すか分からないインプロのシーンは、
大人たちも大爆笑!
お客さんからの、予想外のお題も最高でした。

そして、最後の演目はおまちかね、
「日向大祐こと大ちゃんのマジックショー」

170107_12

170107_13

説明無用。
大ちゃんすごいです!
本当にワクワクします!
気持ちいいくらいだまされちゃう。

そして最後は、お楽しみ抽選会!
実は、飾りのように上からぶら下がっていたお年玉袋が
抽選のくじだったのです!

170107_14

170107_15

こちらは、1等、金たまねぎ賞
他に、たまお賞、たまこ賞、ふつうのたまねぎ賞などがありましたー。
当たった皆様、おめでとうございます\(^o^)/

ショーがおわったあとも
恒例となったオリジナルぬりえや、干支工作で楽しんでいただきました。

170107_16
161230_7

そんなこんなで、今回は80分くらいの
たまねぎ村始まって以来の長いショーになりました!
楽しかったよーって言ってもらえるのが、
私たちの何よりの力になります。

本当にありがとうございました

今後のたまねぎ村は、保育園にいくつかいきます!
みんなに来てもらえるショーは、7月ごろの予定。

さらに
たまねぎ村の親子インプロワークショップ
が始まります!
詳細はこちら!

講師は
たまねぎ村のたまおとしてもおなじみ
みずちゃん(大塚みずえ)と、
子どもたちから絶賛大人気の
TOYくんこと出口跳惟くんです。

皆様のご参加お待ちしていまーす♪