みんなが 子どもに もどる村

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

先日は、
あけましてたまねぎ村2016@成城学園前
でした!


猿役の石ちゃんの開口から始まり、まずは
みずちゃんのこうだん
みずえのこうだん

去年はシンデレラを講談で語りました。
今年は、古事記の天の岩戸の話を講談で語りました!!

次の演目は、まみやんのダンボールシアター
こちらも新作、コットちゃん。
まみやんのダンボールシアター

絵本の世界をダンボールで再現。まみやんの手作りです。
年末年始はこの制作にかなりの時間を費やしていたとか。

つづいて、インプロ
インプロ

シェフ、石ちゃん、わたし、まみやんで、即興でお芝居しました!
ペーパーズという、みんなから、セリフや言葉もらってやるお芝居。
ちなみに、写真の石ちゃんは、ロケットの役です。
わたしとまみやんおやこが、鹿児島で、ロケットの打ち上げをみるところから、シーンが始まりました。

その後、イエスレッツという、会場みんなでやるごっこ遊びみたいなのをやりました。
大人も子どもも5歳に戻り、大はしゃぎ!


つぎは、ぼっこちゃんのほっこリズム
ぼっこちゃんのほっこりずむ

ぐるぐるまきまき、と、歌と踊りで不思議を解明!!ワクワク心が高まります。

最後は、スペシャルゲストの絵本作家きたじまごうきさん
きたじまごうきさん

山小屋のカレーを食べる
とっておきのカレー
という、自作の絵本を読み聞かせしてくれました。読み聞かせといっても、いろんな仕掛けがあったり、音やお芝居入ったり。
みんなは、あっという間に絵本の世界へ吸い込まれます。

最後は、ぼっこちゃんの干支もの工作
さるの工作

さるがぶら下がる木

こちらは、まみやんのダンボールシアターにでてきた、ラビちゃんコーナー
ラビちゃん

ショーが終わった後も、
絵本を買ってくれた人には似顔絵サービス!ということで、きたじまさんに似顔絵を描いてもらう人、たまねぎ村にいつも出張に来てくれる、
吉島陽子さんのヒーリングを受ける人、
いつまでも工作を凝る人、
みんな、思い思いの時間を過ごします。

やりたい!ことをやる!と、人はストレスが減り、免疫力が上がるそうです。
たまねぎ村は、5歳にもどり、免疫力が上がる村を目指しています!!

大人も子どもも、一緒に楽しめるショーを目指しているんですが、今回も
「子どもも楽しんでたけど、私のがもっと楽しんでた!」
なんていう、ママさんパパさんがたくさんいて、
すごい嬉しかったです!

次の予定は、まだこれから、、、、、ですが、
今年も、なんか楽しいことたくさんやりますよー!

会場のラボアンドタウン成城校も、駅近で、使いやすくて、綺麗でしたー!
会場


今年も、たまねぎ村をどうぞよろしくお願いいたします!!

※たまねぎ村は、よんでくれれば、どこへでも行きますよー♪
よかったら、呼んでくださいね!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する